外国人技能実習制度受入流れ

募集

・受入れ希望企業様から組合へ求人票の提出をしていただき、基本給、諸手当、就業時間等の条件を提示します。
・求人票に沿って派遣国で募集します。
・雇用条件等は日本の関係法令適用となります。

面接・選考

適正試験、身体検査、面接によって技能実習生を選考します。面接会場の準備は組合側で致しますので、企業様ごとに希望コースに従って直接面接、人選を行えます。
A. 現地面接コース (現地渡航費用は実費)
B. TV 面接コース (インターネット回線)
C. 履歴書選考コース (事前 TV 面談済み)

現地面接コース

TV 面接コース

履歴書選考コース

ー①受入れ準備ー

【事前講習】(派遣国・送出し機関)
日本語および日本の風習と習慣などの教育を受けます。

【受入準備】
入国に際して、組合が入国説明や寮の生活環境および必要品などの確認をします。

派遣国での事前講習・食事の時間、集団生活で規律を正します。

ー②入国ー

入国後の説明を含め、受講式を執り行います。

成田空港に到着

日本での生活がはじまります。

ー③講習ー

組合の下で、企業配属前に 最低160時間(約1ヵ月)の講習を行います。
日本語研修・関係法令・技能の知識を勉強し、安心した環境の中で技能実習をできるよう指導します。
交通安全・防災・防犯の対応も、警察と消防署に講師をお願いして対応しています。

日本語研修

警察講義

消防講義

ー④企業への配属ー

実習カリキュラムに沿って、「技能実習1号口」の実習がスタートします。

社会保険などの手続きを行ないます。これから約11ヵ月、技能習得に励みます。

巡回指導・報告

月に1度訪問します。技能実習生や指導員と面談。適正に実習が行われているかどうか確認します。また、受入れ企業様のご要望に応じて指導・教育を行います。

ー⑤巡回指導・報告ー

月に1度訪問します。技能実習生や指導員と面談。適正に実習が行われているかどうか確認します。また、受入れ企業様のご要望に応じて指導・教育を行います。

ー⑥技能検定試験ー

3年の実習が可能な業種は、2年目以降の「技能実習2号口」に進むために「技能検定試験2級」合格を目指します。これまでの実習成果が問われる試験です。

ー⑦技能実習2号口ー

1年または2年にわたり、技能の習熟度を高めます。「技能実習2号口」移行後、JITCO(国際研修協力機構)の職員が巡回指導を行います。

ー⑧帰国ー

帰国に際しての書類準備、各種精算の準備のための指導・調整を行います。3年実習満了の帰国前にはJITCOより研修の修了証書が発行されます。
帰国後は日本で学んだ日本語や高い技術・技能を活かし、母国発展のために尽力する人材となります。

©2019 Copyright 未来ネットワーク協同組合 All right reserved